子連れ結婚で一緒になった家族を英語圏では「ステップファミリー」と呼ぶそうです。最初はなんか柔かい感じのニュアンスを込めているのかなと思ったのですが、どうもそうではないようです。

「ステップ」は「継」の意味


ステップっつーと、ホップステップジャンプのステップってことで、「少しづつ家族になっていくんだよね!」という意味を込めて「ステップ」って言葉を使ってるんじゃないかと思うと思うんですが、実は違うんです。

「ステップファミリー」の「ステップ」は、かなり法律用語に近い、堅いイメージの言葉のようです。例えば「stepfather」は日本語だと「継父」に当たります。単純に後から来た父親って意味だけではなく、「言葉の堅さ」としても、「stepfather」は「継父」と同じようなニュアンスのようです。

私は嫁さんと子連れ結婚して以来、ずっと「ステップファミリー」って言葉のニュアンスを誤解してました。上記のようなニュアンスであることを知ったのは、このブログを書き始めた後のことです。いやー、英語って難しい。