海外挙式をすることになった私たち3人。結婚式と言ってもごく簡単なものだったので、詳しい打ち合わせは1~2時間程度の打ち合わせ1回で済みました。国内では挙式プランとか衣装のサイズとかを確認しただけで、段取りの確認は日本を出発した後、結婚式の前日に、グアム現地にあるワタベウエディングの事務所でやりました。

娘の署名


ドレスが大好き / Osamu Iwasaki

「・・・以上が結婚式当日の段取りになりますが、ご質問はありますか?」

ワタベウエディングの方に言われて、一つ聞いてみました。

「もし可能であれば、なんですが、せっかくなのでこの子にも何かやらせたいんです。
 参列するだけじゃなくて。何か、ちょうど良いのはありませんかね?」

出発前は色々と慌ただしくて思いつかなかったのですが、実際に挙式を前にして気付いたんですよね。3人で家族になるんだから、私と嫁さんの2人だけが主人公の結婚式はなんか違和感があるな、と。3人の結婚式にしたいと思ったんです。

ちょっと無茶振りでしたが、ワタベウエディングの方は、それなら、と少し考えて提案してくれました。

「今回の結婚式では、法的な意味はありませんが、『お二人の結婚を認める』という意味のサインを式の中で書く場面があります。通常であれば我々の方でサインするのですが、そのサインを娘さんにしてもらってはいかがですか?」

なにそれ、ウチの娘のためにあるような場面じゃん!と思いました。私と嫁さんが結婚して、さらに娘がその結婚を認める。まさに私が求めていた形の結婚式でした。

そして結婚式当日はスムーズな流れでした。細かい段取りも全部覚える必要はなく、介添え人の方がさりげなく指示を出してくれて、わかりやすくも厳かな結婚式。娘もムチャクチャ緊張しつつも、介添え人の方に優しくサポートされて、ちゃんとサインしてくれました。

この時のスタッフさんの提案には本当に感謝しています。まあちょうどいい場面が運良く用意されていたって点はありますが、流れ作業的に仕事をこなすタイプのスタッフさんなら、こういう機転も効かなかったんじゃないかなと思います。もう10年も前の話になりますが、あの時の感動は今も思い起こすことができます。本当に良い結婚式でした。

あなたも海外挙式を考えているなら、マイナビウエディングのサイトを見てみてはいかがでしょうか。マイナビウエディングでは、海外挙式の相談を簡単に申し込めます。私がお願いした、ワタベウエディングさんへの相談もできますよ。

マイナビウエディングで海外挙式を相談する!