連れ子だったウチの娘はこの間、19歳にして1人暮らしを始めたのですが、弟である小3の息子の反応がちょっとおもしろかったので書いてみます。

「ねーちゃんも、これで一つ成長したんだね!」

息子は全く寂しい様子もなく、引っ越しというイベントを楽しんでいるようでした。そのくせ、

「ねえ、とーちゃんは、ねーちゃんが引っ越しちゃって寂しい?」

とか泣かせることを言ってきます。私が「うーん、そうだねえ、寂しいねえ。」と答えると、またニヤニヤしながら、

「ふーん。」

と言っていました。

引っ越し作業が終わって、一人暮らしの部屋の近くのジョナサンで夕飯を食べている時は、

「これでねーちゃんも一つ成長したんだね!」

とか言ってました。それは父親である俺が言うセリフだろって感じですが(笑)。

息子にとって、娘が成長していくのは嬉しいことのようです。下の子が上の子の成長を喜ぶってなんだか変な気もしますけど、もしかしたら、上の子に関するイベントを見ると「いずれは自分の世界も広く広がっていくんだ」ということを想像できて、楽しいのかもしれません。

子連れ結婚であるがために、ウチの場合は上の子と下の子の年齢差が10歳あります。これは普通じゃないから難しいんでは?と思う人も多いと思いますが、こんな感じに楽しい一面もあるんです。