私と嫁さんが結婚して私と嫁さんと娘の3人で暮らすことになったわけですが、やはり稼ぎ頭は私なので、結婚のタイミングで私の地元2人を引っ越させました。その時、珍しい体験をしました。子連れ結婚にはあまり関係ないですが、書いてみましょう。

え・・?また3年生・・・?

引っ越したのは、娘が3年生から4年生になる春休み。4年生の1学期から新しい学校に通うことにしていました。新学期を迎えて私と嫁さんと娘の3人で学校に行き、校長先生に挨拶したりしたわけですが、その後びっくりする出来事が。

始業式の後に担任の先生だという人が来て、私たち3人を連れて教室に歩いて行ったのですが、着いたのはなぜか3年生の教室。先生が教室に入ろうとしたので、

「先生・・・?ここ、3年生の教室ですよね?」

「ええ、そうですが・・・?」

「この子、去年度に3年生は終えてきたんですが・・・」

「え?え?そうなんですか?!本当に!?」

「はい・・・、そうだよな?」

娘に聞くと、もちろんうなずきました。私の知らないとんでもない秘密があったのかと一瞬ビビりましたが(笑)。そして校長室に戻り、担任だったはずの先生が校長先生と教頭先生に事情説明。10分ほどした後、

「すいません!書類を見間違えていました!」

と校長先生が謝ってくれました。新婚2週間くらいだった私と嫁さんは幸せいっぱいだったので「こんなこともあるんだね~」と笑ってしまいました。今だったら激怒するかもしれませんが(笑)。

そんな珍しい体験でした!